クレーン運転初心者教育

2018年度入社の新入社員3名がクレーン運転免許を取得したことから、交替勤務開始前の安全教育とクレーン運転初心者教育を実施しました。

クレーン玉掛け安全三原則及びクレーン玉掛け基本動作遵守の重要性、 クレーン玉掛け災害の恐ろしさ、設備(クレーン・送信機)管理の重要性などについて、座学による教育と実際にクレーンを運転しながらの実技教育を行いました。

これからが一人前としてのスタートとなります。 4月からはもう後輩が入社してきますので、初心を忘れずに気を引き締めて安全作業でお願いします!

ご安全に!